プラントの施工管理とはどういう仕事なのか

プラントとは生産活動に必要な素材をつくるための生産設備のことです。この設備を問題なく稼働させるためには確認・点検作業が必要で、その進捗を管理するのが施工管理です。具体的にはプロジェクトの安全や原価、工程や環境の管理で、特別な資格は必要ありませんが電気工学や化学品に関する知識があった方が仕事をしやすいです。プラントの施工管理は業種によって分けられます。代表的なのが化学系で、石油やガスを原料として化学製品を生産する施設です。化学工場、ガス精製工場がこれに該当します。産業系は食品工場や製薬工場などです。日々の生活に必要なものを生産するプラントで、様々な種類があります。環境系は廃棄物処理や浄水場、下水処理場など生活環境を維持するための施設です。

仕事環境と仕事の探し方

プラントの施工管理の仕事はキツいという話がありますが、徹底した納期厳守を求められるので計画通りに進まない場合は休日出勤や長時間労働になることがあります。工期が遅れることで莫大な損失が生じるため、ある程度は仕方がないといえます。ですがプロジェクトが片付くと次のプロジェクトまで長期休暇を取りやすい、他の業種より高い年収が見込める、プラントがある限り仕事がなくならないといった、他の業種にはないメリットがあるのも事実です。スケールの大きな仕事をしてみたい、専門知識を活かしたいという人にとってプラントの施工管理の仕事は魅力的だといえます。それではどうやって仕事を探すかですが、転職サイトや転職エージェントを利用するのが一般的です。なかにはプラントの施工管理を専門に紹介しているところもあるので手間暇をかけずに探せます。

プラントの施工管理業務は、プラント建設に関する予算の管理、プラント内で製造された商品の品質検査、設備の保守点検です。