コストダウンが図れる

配送業者の中には自社で採用する人数を制限して派遣ドライバーを中心に仕事を行う所も多くあります。派遣ドライバーを採用する大きなメリットの一つが経営コストの削減です。月給制の正社員がいる場合、企業側は仕事量に関係なく毎月契約で決められた賃金を支払う必要があります。依頼が極端に少なくなる閑散期は利益よりも従業員へ支払う金額が上回ってしまうケースも少なくありません。派遣ドライバーは必要な時に採用する形になるので繁忙期だけ利用してそれ以外の時期は最低限の社員でこなすというやり方もできます。これにより大幅なコストダウンが実現できるのです。

希望する条件に合う人材を確保できる

通常派遣ドライバーを採用する場合には専門の業者に依頼をする形になります。大手の派遣業者は数多くの人材を確保しているので自分の希望する条件に合ったドライバーを用意してもらうことも可能です。配送の仕事は利用するトラックの大きさや運ぶ荷物で求められる資質が異なります。技術や営業力に優れた人材を自社で育てる手間を省けるという点は企業側にとって大きな魅力です。

派遣に掛かる費用の相場

業者から運送ドライバーを派遣してもらう上で気を付けなくてはいけないのが費用です。業者によって金額は異なりますが、平均相場は日給で4万円前後、時給は6000円前後と言われています。運転する車両が大きくなるほど技術が求められるので必然的に料金も高くなるのは否めません。普通車と大型車で数万円近く差が出るケースもあります。コスト削減の目的で派遣を利用したのに費用が高くなったという失敗をしないように業者の比較検討を忘れてはいけません。

運転手の派遣は、正社員のドライバー不足に悩む企業の間で需要が高まりつつあり、免許取得後にある程度の運転経験を持つ人は好きな時間に高収入を稼ぐことも可能です。