タクシードライバーは普通二種免許が必要!

タクシードライバーは、お客さんを乗せて目的地まで運ぶ仕事です。法律では、人を運送して利益を得る業務をする場合、二種免許が必要と定められています。タクシーで使われる車両は普通車なので、普通二種免許が必要になるというわけです。普通免許さえあればタクシーの車両自体は運転できますが、お客さんを乗せることはできません。法律違反になり罰せられるので注意してください。

タクシー会社の求人を探している人で、まだ普通二種免許を持っていない方は、まず免許の取得を目指しましょう。タクシー会社の中には、免許取得費用を援助してくれるところがあります。普通二種免許の取得費用は安くないので、タクシードライバーになろうと考えている方は、免許取得費用を援助してくれるタクシー会社を探してみるのもよいかもしれません。

荷物を配送するトラックドライバーに必要な免許は?

トラックドライバーは様々な荷物を運ぶのが仕事ですが、職種によって使用するトラックが変わります。人ではなく荷物を運ぶ仕事なので、タクシードライバーなどとは違い二種免許は必要ありません。しかし、普通免許ではできない仕事もあります。例えば大型トラックの長距離ドライバーです。2t以上の大きなトラックを使うため、普通免許ではなく大型免許が必要になります。2t以下のトラックを使う仕事であれば、普通免許だけでも問題ありません。例えば個人宅へ荷物を配送する宅配便の仕事は、小さなトラックを使用することが多いです。普通免許のみの募集も多く出されているので、普通免許しか持っていない人は探してみるとよいでしょう。

ドライバーの求人は、宅配業者やタクシー会社、運送会社などで活発に募集が行われており、業務に必要な免許さえあればすぐに働けるところも珍しくありません。